「知話輪API」利用規約

第1条(目的)

「知話輪API」利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社ドリーム・アーツ(以下「DA」といいます。)が提供する知話輪API(以下「本サービス」といいます。)の利用条件について定めるものです。

第2条(用語の定義)

本規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。

  • (1) 「知話輪」とは、当社が運営する、エンタープライズチャットサービス及び関連するサービスをいいます。
  • (2) 「知話輪利用規約」とは、知話輪の利用者に適用される利用規約をいいます。
  • (3) 「アプリケーション」とは、知話輪と連動するプログラム又はシステムをいいます。
  • (4) 「アプリケーション通信情報」とは、エンドユーザが、知話輪を通じてアプリケーションとの間で送受信するメッセージ及びその他の付加情報をいいます。
  • (5) 「開発者サイト」とは、知話輪の開発者サイト(https://developers.chiwawa.one)をいいます。
  • (6) 「知話輪API」とは、開発者サイトを通じて提供される知話輪のApplication Programming Interfase(以下「API」といいます。)をいいます。
  • (7) 「お客様」とは、DAから本サービスに関する管理者用IDの交付を受ける者又は受けた者をいいます(原則として、DAとの間で知話輪の利用契約を締結している者をいいますが、これに限りません。)。
  • (8) 「開発者」とは、お客様のために本サービスを利用してアプリケーションを開発し又はこれを提供する全ての者(お客様の従業員及びお客様から委託を受けた第三者を含みますが、これらに限りません。)をいいます。
  • (9) 「エンドユーザ」とは、アプリケーションを通じて知話輪を利用する者をいいます。

第3条(規約の適用及び変更)

  • 1. 本規約は、全てのお客様に適用されます。本規約に同意頂けない場合、本サービスを利用することはできません。
  • 2. 本規約は、知話輪利用規約とあわせて適用されるものとし、本規約と知話輪利用規約との間で矛盾等がある場合は、本規約が優先して適用されるものとします。
  • 3. DAは、必要に応じ、いつでも本利用規約を変更することができ、開発者はこれを承諾するものとします。変更後の規約は開発者サイト上に開示された時点で有効となり、開発者が開発者サイトを利用することによって、変更された規約に同意したものとみなします。
  • 4. DAは、本規約の変更によってお客様又は開発者が損害を被ったとしても責任を負わないものとします。

第4条(本サービスの提供)

  • 1. DAは、お客様に対し、本サービスを提供致します。本サービスにおける具体的内容は、開発者サイトで提示するAPIに関する技術仕様及びドキュメント等(以下「当社ドキュメント」といいます。)によります。
  • 2. DAは、本サービスの維持、改善、強化、修正、または更なる開発目的(以下「本サービスの改善等の目的」といいます。)のため、事前の告知なしに、本サービスの内容又は仕様を変更することがあります。
  • 3. お客様は、自らの責任と費用において、ハードウェア、ソフトウェア、インターネット接続回線、セキュリティの確保等、本サービスの利用に必要な環境(以下「利用環境」といいます。)を整備します。
  • 4. DAは、本サービスを現状有姿の状態で提供します。DAは、本サービスの利用に起因して利用環境に不具合や障害が生じないことにつき、保証を行うものではありません。また、本サービスの正確性、完全性、目的適合性、永続性若しくは有用性又はお客様に適用のある法令、業界団体の内部規則等への適合性につきましても保証を行うものではありません。
  • 5. DAは、本サービスの改善等の目的のため、お客様による本サービスの利用状況を分析することができるものとします。

第5条(アプリケーション)

  • 1. お客様は、お客様の費用負担と責任において、アプリケーションを開発し又は公開するものとします。
  • 2. お客様は、アプリケーション及びアプリケーションの知話輪上でのふるまい(自動化されているものに限らず、お客様が直接に操作してエンドユーザに配信するメッセージ等を含みます。)が、本規約及び知話輪利用規約に違反しないよう、アプリケーションを開発するものとします。
  • 3. お客様は、アプリケーションについて、本サービスを利用したものである旨を表示するものとします。
  • 4. お客様は、お客様が開発又は公開したアプリケーションに起因して、エンドユーザを含む第三者からクレーム等を受けた場合又は個人情報等の漏洩などのセキュリティ事件・事故が発生した場合は、速やかに当該事項を書面によりDAに通知し、DAが書面により請求する場合には、合理的な範囲で当該事項の詳細をDAに報告する義務を負うものとします。
  • 5. DAは、本サービスの改善等の目的のため、お客様の開発したアプリケーションに関する情報の収集又はお客様への照会をすることができるものとします。

第6条(開発者の起用)

  • 1. お客様は、お客様の費用負担と責任において、本規約と同等の義務を負わせることを条件に、開発者とともにアプリケーションを開発することができます。
  • 2. お客様は、開発者に本規約と同等の義務を遵守させる責任を負っています。お客様は、DAから書面による請求があった場合には、開発者がこれらの義務を遵守することを証する書面(契約書、同意書を含みますが、これらに限りません。)をDAに提供しなければならないものとします。
  • 3, お客様は、自己の起用した全ての開発者(下請けも含みますがこれに限りません。)の氏名又は名称及び連絡先を記録し、DAから書面による請求があった場合には、これらの情報をDAに提供しなければならないものとします。

第7条(情報管理)

  • 1. お客様は、善良な管理者の責任をもって、ID、パスワードその他本サービスを利用するために必要な情報(以下「ID等」といいます。)を管理し、本サービスを利用するものとします。
  • 2. お客様は、本サービスに関連してDAから取得した一切の情報(以下、「秘密情報」といいます。)を第三者に開示又は漏えいしてはならず、目的外に利用しないものとします。ただし、①取得した時点においてお客様がすでに了知していた情報、②取得した時点においてすでに公知であった情報及び③取得した後にお客様の責に帰すべき事由によらずに公知となった情報は秘密情報には含まれません。
  • 3. お客様は、DAからの書面(メールを含みます。以下、本規約において同様とします)による請求があった場合には、お客様及びお客様から開示を受けた第三者が保持するID等及び秘密情報を速やかに返還又は破棄するものとします。
  • 4. お客様は、DAからの書面による請求があった場合には、ID等及び秘密情報の管理状況(管理責任者、情報の保管場所、アクセス制限の有無及びその内容その他適切な情報管理のために必要な情報を含みますがこれらに限りません。)について、書面によりDAに報告するものとします。
  • 5. お客様は、エンドユーザの情報の取扱いについて本規約に定めのない事項については、DAの個人情報保護方針に従います。本規約がDAの個人情報保護方針に抵触する場合は、本規約が優先して適用されます。
  • 6. お客様は、DAが、本サービスの向上のためにID等、秘密情報、アプリケーション通信情報その他の本サービスに関連するお客様の情報を利用できることにあらかじめ同意します。

第8条(アプリケーション通信情報)

  • 1. お客様は、アプリケーション通信情報を管理し、DAは、アプリケーション通信情報を保護する義務を負わないものとします。
  • 2. お客様は、アプリケーション通信情報に対して、強力な暗号化を使用して保護する必要があります。
  • 3. お客様は、エンドユーザからの要求があったときは、お客様が収集した当該エンドユーザに関する全てのアプリケーション通信情報を削除する必要があります。
  • 4. お客様は、アプリケーションの開発に必要な場合を除き、アプリケーション通信情報をコピー若しくは保存し又はアプリケーション通信情報によって表現された情報を動画、静止画その他のあらゆる態様において保存することはできません。
  • 5. お客様は、アプリケーション通信情報が、エンドユーザの端末上に保存され、エンドユーザが継続して利用できることにあらかじめ同意するものとします。

第9条(禁止事項)

お客様は、本サービスを利用するにあたり、以下の各号に該当する行為を行わないものとします。

  • (1) 法令に違反する行為、そのおそれのある行為又はそれに類似する行為。
  • (2) DA又は第三者を差別若しくは誹謗中傷し又はその名誉、信用、プライバシー等の人格的権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為。
  • (3) 個人情報その他第三者に関する情報を不正な手段を用い収集、取得する行為又はそれに類似する行為。
  • (4) 個人情報を本人の同意なく違法に第三者に開示、提供する行為又はそれに類似する行為。
  • (5) DA又は第三者の著作権、その他の知的財産権を侵害する行為又はそのおそれのある行為。
  • (6) DA又は第三者の法的保護に値する一切の利益を侵害する行為又はそのおそれのある行為。
  • (7) 犯罪行為、犯罪行為をそそのかす若しくは容易にさせる行為又はそれらのおそれのある行為。
  • (8) 虚偽の情報を意図的に提供する行為又はそれに類似する行為。
  • (9) 公職選挙法に違反する行為又はそのおそれのある行為。
  • (10) 無限連鎖講(「ねずみ講」)、それに類似する行為又はこれを勧誘する行為。
  • (11) わいせつ、児童売春、児童ポルノ若しくは児童虐待にあたるコンテンツを発信する行為、児童の保護等に関する法律に違反する行為又はそれに類似する行為。
  • (12) 風俗営業等の規制及び適正化に関する法律(以下「風営適正化法」といいます。)が規定する映像送信型性風俗特殊営業又はそれに類似する行為。
  • (13) インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(以下「出会い系サイト規制法」といいます。)が規定するインターネット異性紹介事業又はそれに類似する行為。
  • (14) 本サービスの提供を妨害する行為又はそのおそれのある行為。
  • (15) 第三者の通信に支障を与える方法若しくは態様において本サービスを利用する行為又はそのおそれのある行為。
  • (16) DA若しくは第三者の運用するコンピュータ若しくは電気通信設備等への不正アクセス行為、クラッキング行為若しくはアタック行為又はDA若しくは第三者の運用するコンピュータ若しくは電気通信設備等に支障を与える方法若しくは態様において本サービスを利用する行為、それらの行為を促進する情報掲載等の行為若しくはそれに類似する行為。
  • (17) 無断で第三者に広告、宣伝若しくは勧誘の電子メール(特定電子メールを含むがそれに限らない。)を送信する行為、第三者が嫌悪感を抱く若しくはそのおそれのある電子メール(「嫌がらせメール」、「迷惑メール」を含みますがこれらに限りません。)を送信する行為又はそれに類似する行為。
  • (18) 本サービスを利用してコンピュータウイルス等他人の業務を妨害する若しくはそのおそれのあるコンピュータプログラムを使用する行為、第三者に提供する行為又はそのおそれのある行為。
  • (19) 第三者の通信環境を無断で国際電話若しくはダイヤルQ2等の高額な通信回線に変更する行為又は設定を変更させるコンピュータプログラムを配布する行為。
  • (20) 本サービスからアクセス可能な第三者の情報を改竄し又は消去する行為。
  • (21) 他人のID若しくはパスワードを不正に使用する行為又はそれに類似する行為。
  • (22) その他、他人の法的利益を侵害する方法若しくは公序良俗に反する方法又は態様において本サービスを利用する行為。
  • (23) お客様に発行されたAPIトークンを当該お客様及び開発者以外の第三者に利用させる行為。
  • (24) 本サービス又はその一部のソースコード、営業秘密又はノウハウをリバースエンジニアリング又は他の方法で派生させる行為。
  • (25) 本サービスの使用に関する制限を超える行為若しくは回避する行為、本サービスを合理的なリクエスト量を超えて使用する行為。
  • (26) その他、合理的な理由に基づきDAが不適当であると判断する行為。

第10条(権利の帰属・利用)

  • 1. 本サービスに関連する一切の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権又はノウハウその他の権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、DAに帰属するものとし、お客様はDAの事前の書面による承諾なく、これらを転載、転送、複写、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳又は翻案することはできないものとします。
  • 2. 前項の規定にかかわらず、本サービスを用いて開発されたアプリケーションの知的財産権等は、お客様又は開発者に帰属するものとします。

第11条(本サービスの中断)

  • 1. DAは、以下の各号に該当する場合、お客様に事前に連絡することなく、一時的に本サービスの提供を中断する場合があります。
    • (1) 本サービスのシステム保守を定期的に又は緊急に行うとき。
    • (2) 火災、停電、事故などにより本サービスの提供ができなくなったとき。
    • (3) 地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供ができなくなったとき。
    • (4) 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議などにより本サービスの提供ができなくなったとき。
    • (5) 予想外の技術的問題が発生したとき。
    • (6) その他、運用上、技術上、DAが本サービスの一時的な中断を必要と判断したとき。
  • 2. お客様は、本サービスの中断により、知話輪とアプリケーションとの間の通信が影響を受け、アプリケーションが正しく動作しなくなる場合があることについてあらかじめ同意するものとします。

第12条(本サービスの停止)

  • 1. DAは、お客様が公開したアプリケーションが以下の各号に該当すると判断した場合、お客様に対し事前に書面による通知を行うことで、本サービスの提供を停止することができるものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、本サービスの提供を直ちに停止し、事後速やかに書面による通知を行うものとします。
    • (1) 知話輪利用規約、本規約その他DA所定の禁止事項に該当するとき。
    • (2) エンドユーザの情報が不正に収集されているとき。
    • (3) その他、DAが不適切と判断したとき。
  • 2. お客様は、本サービスの停止により、知話輪とアプリケーションとの間の通信が影響を受け、アプリケーションが正しく動作しなくなる場合があることについてあらかじめ同意するものとします。

第13条(サービス提供の終了)

  • 1. DAは、お客様が本規約の各条項に違反した場合において、相当期間を定めて是正を求めたにもかかわらずその違反の是正がなされないときは、書面による事前通知を行い、本サービスの提供を中断、停止又は終了することができます。
  • 2. DAは、本サービスを利用しているお客様の知話輪アカウントの利用契約が終了となった場合又は本サービスを利用できないプランの知話輪アカウントに変更になった場合には、本サービスの提供を終了できるものとします。

第14条(利用終了後の措置)

  • 1. お客様は、本サービスの利用を終了した後又はDAによる本サービスの提供が終了した後、本サービスの利用に伴って保存した全てのデータ及び本サービスに関連して取得した一切の情報をすみやかに破棄するものとします。
  • 2. お客様は、DAから書面による請求があるときは、前項に定める情報を破棄したことの証明書をDAに対して提供するものとします。

第15条(免責、自己責任の原則)

  • 1. DAは、理由の如何によらず、知話輪を含む本サービスの内容若しくは仕様の変更、中断又は停止により、お客様、開発者、エンドユーザその他の第三者に発生した損害につき、一切その責任を負わないものとします。
  • 2. お客様は、本サービスの利用に関する一切の行為及びその結果について、当該行為を自己でなしたか否かを問わず、一切の責任を負うものとします。
  • 3. お客様は、お客様が開発又は公開したアプリケーションによってDAを含む第三者に損害を与えた場合、自己の費用負担と責任においてその損害を賠償するものとし、DAは一切の責任を負わないものとします。

第16条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令または裁判所により無効または執行不能と判断された場合においても、本規約のその他の規定は、継続して完全に効力を有するものとします。

第17条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、すべて日本国の法令が適用されるものとします。

第18条(管轄裁判所)

本規約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

以上
制定日:2017年2月28日